商品情報 データベース
TEMPOSTAR30日間無料お試し

インターネットで買い物をする時に、消費者が参考にするのがサイトに記載されている商品情報です。実物を手に取って見ることができない以上、買い手側は店舗側が提示した情報を信じ、そこからその商品の品質を判断するしかありません。 そのような場合、商品に関する情報は多いほど、そして消費者の目線に立った情報が多いほど、買う時の参考となり、買い手側は安心してその店舗から商品を購入することができます。

商品情報の重要性

売れているショップほど、その商品情報は詳細に記載されていると言っていいでしょう。 例えば服を例にして考えてみます。サイズや素材、色といった情報が記載されているのは当たり前です。しかし、その商品を買いたいと思っている人は、それ以上の情報を望んでいます。 着心地や、袖や襟ぐり、裾や布地をアップにした商品画像、身長何センチの人が着るとどのような感じになるのか、といった着用画像など、その店舗独自の商品情報があることが、その店舗の熱意や買う人のことを考えるという経営姿勢を表している、と見る人は捉えるのではないでしょうか。

商品情報のデータベースとは?

取り扱っている商品にもよりますが、一般的に流通しているような商品を扱うネットショップの場合、その商品情報を全て自分たちの会社内で用意することは、大変な業務です。次々に出る新製品の詳細な情報を、正確にネット上に反映させなければならないため、日々その業務に追われることになってしまいます。 そこで、最近は商品情報データベースを活用する会社が増加しています。商品情報データベースとは、様々な商品(主な商品としては日用品・化粧品・加工食品・ペット関連商品)の仕様、商品説明のデータ、価格、商品画像と言った、商品に関する基本情報の蓄積されたデータのことです。 インターネット通販支援会社などが提供するサービスで、それらのデータは一括して利用者に提供されています。

商品情報データベースを利用するメリットは?

では、商品情報データベースを利用するメリットとはどのようなものでしょうか?自社サイトで扱っている商品数が一般的なものであり、それが広範囲に渡るほど、利用する上でのメリットは大きくなります。

手間が省ける

データベースを利用することで、利用者は個別に情報を集める必要がありません。文字情報だけでなく、画像も同時に提供されることが多いので、全てを一元管理することが可能です。

正確な情報がすぐに手に入れられる

メーカーによって直接提供されるデータを元にしていますので、その情報の精度は間違いありません。 さらに、新製品などに関しては発売される前からデータベースに登録されますので、発売と同時にサイトに反映させる、すぐに販促活動に使用する、といったことも可能となります。

その他の業務に従事できる

商品情報登録に係わる業務時間が減るということは、その分、他の業務に携わることができるようになるということです。 始めに説明しましたが、規定の商品情報だけが商品情報ではありません。それよりも一歩踏み込んだ、独自の商品情報を発信することも、他の店舗との差別化を図る上では重要になってきます。 そのためには、「通常の」商品情報はそのようなデータベースを利用し、それ以上の情報は自分たちで作り上げる、などの工夫が必要となってきます。 もちろん、空いた時間を他の業務、例えば新しい企画の立案や営業活動などに使うこともできるでしょう。

おわりに

以上、商品情報のデータベースを利用するメリットを挙げてみました。 ECに係わる業務は膨大です。時間と人手のやりくりで困っているという経営者の方でしたら、このようなサービスの利用を考えてみることも一つの戦略となるでしょう。 ショップスターA