商品管理
TEMPOSTAR30日間無料お試し

ネットショップを経営する方にとって、商品管理は重要な業務のひとつです。 では、商品管理とはどのような業務を指している言葉なのでしょうか?そして、商品管理を正確に行わなければならない理由とはどのようなものでしょうか?

商品管理とは?

商品管理とはどのような業務を指すのでしょうか。 商品管理とは、商品を仕入れ、販売するまでの過程を通して、販売する商品の仕入数・在庫数・販売実績などの数量を把握し、管理することを指しています。小売業において、商品が売れるまでの過程を管理する、ということであり、大変広義で様々な要素の業務を含んだ言葉だと言えると思います。

在庫管理との違いは?

では、商品管理と在庫管理の違いはなんでしょうか? これは、ほぼ同義の言葉として使われていると言っていいと思います。しかし、細かく言うのであれば「商品管理」という言葉を使う場合には、仕入れる商品を選定する場面からを指す場合も少なくありません。「在庫管理」よりも更にマーケティングや販促活動などを含んだ戦略的な面を持った言葉として使われることが多いかと思います。 倉庫にある商品の数のみを管理するのではなくて、これから扱おうとしている商品も含め、会社が売ろうとしている商品を管理する、といったところだと言えるでしょう。

ECにおいて商品管理をする目的と意義

ネットショップを経営するのにあたり、気にしなければならないことは色々とあります。その中のひとつとして挙げられるのが、「在庫数がきちんとネット上に反映されるか」です。 自社の経営するネットショップ(これを「本店」と呼びます)、楽天やYahooなどのショッピングモールに出店しているネットショップ(こちらは「本店」に対して「支店」と呼ばれます)など、多数のネットショップを運営しているオーナーの方が気にするのは、それぞれの店舗における商品管理です。 ひとつしかない商品が売れてしまった場合、その「在庫がゼロである」という情報が即座に他の店舗に反映されるかどうかは、重要なポイントです。在庫がないのに売ってしまった場合は、クレームの原因ともなってしまいます。それと同様に、入荷した商品の情報が即座にショップに反映されなければ、売れる機会を逃すということにもつながってしまいます。 このような在庫の過不足や残数を正確に把握し、追跡するという業務は、人の手によって行うにはとても複雑な作業だと言えるでしょう。 受注や発注、入荷日や出荷日など、様々な要素を考慮に入れることで、正確な商品管理は可能となります。「管理」というからには、それは正確でなければ意味がありません。 全ての商品データを一元管理し、誰にでも同じ数字が見えるように商品管理を行う、ということは、販売機会を損なうことなく、売上を伸ばしていく上で欠かせない業務なのです。

最適なソフトを導入することで業務の軽減を

商品管理は、人の手作業のみに頼って行う場合には、大変な労力を伴う業務となってしまいます。しかし、専用のソフトやシステムを導入することによって、その負担は劇的に軽減します。そして、業務量が軽減するだけではなくて、質の高い商品管理をすることも可能です。 受注の担当者、在庫の担当者、発注の担当者、販促の担当者など、様々な業務に携わる人たちの意見を反映しなければ商品管理はスムーズに行われません。そして、色々な業務に携わる人の作業や意見を反映することによって、より正確で現状に則した商品管理が可能となるのです。そのような複雑に見える作業を容易にしてくれるのが、その会社に適したシステムやソフトです。 現在は様々な種類のサービスが提供されていますので、導入する際には自身の会社のニーズに合ったものを選ぶよう、色々な方面からの検討が必要であると言えるでしょう。 ショップスターA