商品情報 管理
TEMPOSTAR30日間無料お試し

ECにおいて常に意識しなければならない「商品情報」。 その管理の方法は、多くの経営者を悩ませる問題のひとつです。では、その商品情報とはどのようなものであり、上手に管理することは、ネットショップを運営していく上でどのように役立つのでしょうか?

商品情報の管理とはどのような意味?

EC、ネット通販の運営において、商品情報の管理は、基本的な業務のひとつであり、常に最善の管理を目指して取り組まなければならない問題のひとつでもあります。 「商品情報」とは、取り扱っている商品に関する情報の全てを含む言葉です。その商品そのもののデータだけでなく、売上個数、受発注個数、どの店舗でどのくらい売れているのか、といった売上に関する情報も含めたものが広い意味での「商品情報」となります。 それに加えて、その商品の在庫場所、どこから仕入れる商品なのか、入荷するのにどのくらいかかるのか、といった在庫に関する情報まで含む場合もあります。 そのような膨大なデータの管理は、もちろんエクセルや手作業などで行うことはほぼ無理であると言えるでしょう。様々なネットショップ支援業者が提供しているシステムを利用して行うことが一般的です。「消費情報管理」「在庫管理」「受発注管理」といったそれに付随するシステムも同時に導入するケースが多いのではないでしょうか。

商品情報の管理の基本とは?

商品情報の管理の基本は、「一元管理」です。 商品情報に関する業務の悩みは色々あるかと思いますが、よく聞かれる声は以下のようなものでしょう。「社内において情報が分散している」「管理がきちんとできておらず、誰でも同じ対応ができない」「情報がばらばらなので、即時に正確な情報をネット上などにアップできない」「データベースを社内で作れない」など、です。 会社の経営を始めた当初から、きちんとしたシステムを導入していればそのような悩みは出てこないでしょうが、やはり規模が大きくなるにつれ、従来の管理方法ではうまくいかなくなってしまう、とうケースが多いかと思われます。

商品情報を管理する上でのメリットは?

では、商品情報を管理するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

誰でもすぐに情報を手に入れられる

上記で説明したように、一元管理することによって、社内の誰でも平等に最新の情報を得ることができます。 データベース化することによって、商品の販売情報が記録されることにもなります。それらのデータが自動的に蓄積されることによって、在庫管理や、マーケティングにも活かすことが可能となります。 人の手を介しない情報なので、集計ミスやタイムロスなどがなく、リアルタイムで必要な情報を得ることができるようになるでしょう。

商品情報を様々な用途に活用できる

データの活用方法は実に多岐に及びます。 複数のネットショップや実店舗を運営している場合には、それらの店舗ごとの販売動向を比較したり、季節や時期、曜日などの売上変動をつかむこともできます。 それらを活かして、よりロスやミスのない在庫管理や受発注管理ができるようになるでしょう。

商品情報システム選びのポイント

商品の管理に係わる時間を減らしたい、と考えてシステムを導入するのですから、できるだけ簡単に登録・検索・編集などができるシステムが望ましいです。その辺りの使い勝手は、デモなどを導入するなどして実際に確認してみるのが良いかと思います。 複数店舗を運営している方にとっては、「一括で行える」ということは大変重要なポイントになると思います。一度に複数の店舗への商品情報の反映が可能であったり、キャンペーンやイベントに応じたキーワードなどを一括で登録・追加・編集・削除などが行えることなどは、スピードが求められるネットショップの運営においては大切なポイントになるでしょう。 数多くの業者が様々なシステムを提供しています。自社にあったシステムを利用して、売上アップにつなげるための業務改善を行っていきましょう。 ショップスターA